アジアを結ぶ、アジアをつなぐ。オンラインゲームの国際カンファレンス
AOGC 2007 Tokyo

開催概要 セッション タイムテーブル 参加申込 会場案内 お知らせ
イベントスポンサー
btn_preview.gif
<後 援>

経済産業省

CESA
社団法人コンピュータ
エンターテインメント協会(CESA)IGDA Japan Chapter
国際ゲーム開発者協会日本
(IGDA日本) Contents Management Institute
社団法人コンテンツ経営研究所
(韓国)

<協 力>

DiGRA JAPAN
日本デジタルゲーム学会

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Online Game Grows Communities,  Communities Grow Online Game.

« B03 講演 ゲームポットの事業戦略におけるコミュニティの活用法(仮) | メイン | A09 講演 仮想世界の「政策」論 »

B04 講演 Game2.0へ進化するゲーム開発手法 ~サンデーゲームスタジオの挑戦~

kaya.jpgWeb2.0の渦の中で進化が加速するインターネット。しかし、ゲーム制作の現場は規模以外の進化は特に見られません。シグナルトークでは、社会人や学生から開発メンバーを広く一般公募し、毎週日曜日に集まって製品化を前提としたゲームを作るプロジェクトをスタート。
参加費は無料ですが、ロイヤリティを分配し、記名権も残る。制作過程を公開し、SEやBGMまで公募してしまう。今までの「スクール」とは違う、「スタジオ」も違う。
もはやGame2.0と呼べる、新しいゲーム制作のチャレンジをご紹介します。

受講対象:ゲームソフト開発者、オンラインゲーム関係者、オンライン広告関係者

株式会社シグナルトーク
代表取締役
栢 孝文 氏

プロフィール:
株式会社セガ、ソニーコンピュータエンタテインメントを経て、2003年にオンラインゲーム制作会社シグナルトーク・コーポレーションを設立。オンラインゲームでのプロジェクトファイナンスも実施し、話題を集めている。


COPYRIGHT (C) 2006 AOGC, Asia Online Game Conference, Broadband Association. ALL RIGHTS RESERVED.