アジアを結ぶ、アジアをつなぐ。オンラインゲームの国際カンファレンス
AOGC 2007 Tokyo

開催概要 セッション タイムテーブル 参加申込 会場案内 お知らせ
イベントスポンサー
btn_preview.gif
<後 援>

経済産業省

CESA
社団法人コンピュータ
エンターテインメント協会(CESA)IGDA Japan Chapter
国際ゲーム開発者協会日本
(IGDA日本) Contents Management Institute
社団法人コンテンツ経営研究所
(韓国)

<協 力>

DiGRA JAPAN
日本デジタルゲーム学会

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Online Game Grows Communities,  Communities Grow Online Game.

« A10 講演 オンラインゲーム開発への道程 | メイン | C05 ラウンドテーブル 「コミュニティマネジメントの現在と未来展望」 »

B09 講演 人工知能が拓くオンラインゲームの可能性

miyake.jpg多人数が同時にゲーム空間を共有するオンラインゲームは、人工知能の技術にとってオフラインでは得られなかった多くの可能性の広がりを持つフィールドです。また、一見遠く見えるオンラインとAIという組み合わせには、未踏のゲームデザインが残されています。本講演では「自律型AI」をテーマとして「クロムハウンズ」(Xbox360, SEGA Corporation / FromNetworks, Inc. / FromSoftware, Inc.)を題材に、人工知能技術がこれからのオンラインゲームに拓く可能性について説明いたします。

(株)フロム・ソフトウェア
技術部
三宅 陽一郎 氏

プロフィール:
1975年生まれ。京都大学で数学を専攻、大阪大学で物理学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。2004年、株式会社フロム・ソフトウエア入社。ゲームにおける本格的な人工知能技術の応用を目指す。2006年、CEDEC2006 において「クロムハウンズにおける人工知能開発から見るゲームAIの展望 」を講演。 2006年~2007年にはIGDA特別連続セミナー「ゲームAIを読み解く」全6回の講師を務める。


COPYRIGHT (C) 2006 AOGC, Asia Online Game Conference, Broadband Association. ALL RIGHTS RESERVED.