OGC 2013 3月15日 ベルサール神田
HOME 基調講演 開催概要 プログラム タイムテーブル 事前登録 会場アクセス  
講演プログラム
  10:10- 11:10- 12:00- 13:00- 13:55- 14:50- 15:45- 16:40- 17:35-
会場A K01 A01   A02 A03 A04 A05 A06 A07
会場B   B01 STS B02 B03 B04 B05 B06 B07
OGC2013 Twitterハッシュタグ:#bbaogc
会場A(定員:250名)
K01 10:10-11:00
LINEユーザー1億人突破 NHN Japanの事業戦略
nophoto

NHN Japan株式会社
代表取締役社長 森川 亮 氏

<概要>世界で登録ユーザー数が1憶を突破し、なお急成長を続けるLINEをはじめ、NAVERまとめ、ハンゲーム、Livedoorブログなど多数のコンテンツを成功させてきたNHN Japanが目指す次のインターネット戦略とは。数々のヒットメーカーである森川亮氏にご登壇いただき、成功の要因と今後の事業戦略についてお話いただきます。

<プロフィール>1989年に筑波大学を卒業し、日本テレビに入社。システム部門配属後、ネット広告事業や映像配信、モバイル事業ならびに、国際放送事業、BSデジタル放送事業などの新規事業プロジェクトを中心に幅広いメディア事業に携わる。新規事業に関わる傍ら、青山学院大学大学院国際政治経済学科に通い、1999年同校MBA修了。
2000年ソニー株式会社に入社。新規モバイルコンテンツ事業からはじまり、ブロードバンド事業(ソニー、東急、トヨタの3社での立ち上げられたコンテンツ配信会社AII株式会社)を担当。事業・サービスの企画、営業などコンテンツビジネスの責任者として事業全般に関わる。
ブロードバンド先進国の韓国の事例を学ぶ内に、ブロードバンドのキラーコンテンツはオンラインゲームと確信し、2003年ハンゲームジャパン株式会社(現NHN Japan 株式会社)入社。同年8月よりハンゲーム事業部長としてハンゲーム事業全般の運営を担当。
2004年9月取締役に就任し経営企画部門を統括、2006年10月取締役副社長に就任し事業部門・経営企画部門全般を統括する。
2007年10月に代表取締役社長に就任。

 会場A(定員:250名)
A01 11:10-11:55
元電通マンが創る、勝てるマーケティング
~ソーシャルゲーム広告は運用の時代へ~
枝廣憲氏

株式会社gloops 執行役員
最高マーケティング責任者 枝廣 憲氏

<概要>急成長を続けるソーシャルゲーム市場における、gloopsのマーケティング戦略とは。今後、世界を相手にどう戦っていくのか。
元電通マンで、gloopsの執行役員最高マーケティング責任者である枝廣憲がお話しいたします。

<プロフィール>1981年11月20日生。2004年3月に一橋大学経済学部卒業後、 株式会社電通に入社。その後2012年8月、株式会社gloopsに入社 し、執行役員マーケティング本部長就任。2013年2月には執行役員 最高マーケティング責任者就任。

特別講演
A02 13:00-13:45
新生Yahoo! Japanとゲーム領域に関するご提案
nophoto

ヤフー株式会社 副社長COO 兼
メディアサービスカンパニー長
川邊 健太郎 氏

<概要>2012年に経営陣を刷新したヤフーが取り組んだ「爆速」は大きな話題となりました。繰り返し発表される新サービス、業務提携の数々は業界に多くのトピックスを提供しています。2013年の「爆速」ヤフーはその勢いでどのようなインターネット戦略を描くのか。ヤフー株式会社 副社長 COO 兼 メディアサービスカンパニー長の川邊健太郎氏にお話いただきます。

<プロフィール>1974年10月19日生 東京都出身 青山学院大学法学部卒(1998年)。 2000年にヤフー株式会社に入社後、Yahoo!ニュースなどメディア系サービスの責任者として活躍し、2009年に株式会社GyaO代表取締役社長に抜擢。2012年4月 ヤフー株式会社 最高執行責任者(COO) 執行役員 兼 メディア事業統括本部長に就任し、7月より副社長 COO 兼 メディアサービスカンパニー長に就任。

A03 13:55-14:40
オンライン リッチメディア広告最前線
~面白いゲームを面白い広告で~
定元邦浩氏

グーグル株式会社 メディア&エンターテイメント業界チーム アカウントエグゼクティブ 定元 邦浩 氏

<概要>マルチスクリーンの時代、人々は様々なメディアから情報を収集しています。もはやオンライン広告を使うことは当たり前、いかに上手く使うかを考え続けなければなりません。いつ、誰に広告を見せるかが重視されがちなオンライン広告で、「何を見せるのか」にフォーカスしてその重要性や具体的にどんなことができるのかを、海外の事例を中心に紹介します。

<プロフィール>フロム・ソフトウェア、バンダイナムコゲームスを経て2012年Google入社。アドワーズやYouTubeなどGoogleの広告ソリューションを中心に、担当業界のトップ企業のオンラインマーケティングを総合的にサポート。

 

A04 14:50-15:35
良質なコンテンツの提供に向けて
セガネットワークスの事業戦略
岩城農氏

株式会社セガネットワークス
執行役員 事業本部長 岩城 農氏

<概要>セガネットワークスは、2012年7月にセガブランドの スマートデバイス向け事業を展開するために設立され、 “良質なコンテンツ”(=ソーシャルゲームのように間口が広く、 コンソールゲームのような没入感の味わえるコンテンツ)提供 することに注力してきました。 そんな我々の事業戦略についてコンテンツ開発、M&A、組織整備など あらゆる角度からお話しします。

<プロフィール>2007年株式会社セガ入社。2010年に社長室戦略企画開発室長に、2011年8月にはモバイルニューメディア事業部長に着任。その後、2012年7月2日に同事業部を分社化し、株式会社セガネットワークスを設立。 執行役員 事業本部長に就任。

A05 15:45-16:30
モブキャストのスポーツプラットフォーム事業戦略
佐藤崇氏

株式会社モブキャスト
取締役CSO 兼
プラットフォーム事業本部長
佐藤 崇氏

<概要>スポーツに特化したモバイルプラットフォームを展開するモブキャストが、なぜスポーツに特化した戦略を採ったのか、上場までの道のりはどのようなものだったか、現在のソーシャルゲーム業界についてどう考えているのか、そして、これからモブキャストが目指すプラットフォームの形とはいかなるものか、について、モブキャストの戦略担当役員であり、元エフルート(現アクセルマーク)の創業者でもある佐藤が、あれもこれも包み隠さず話します!

<プロフィール>昭和50年6月30日生 平成11年3月 慶應義塾大学法学部卒業 平成11年11月 Phone.com Japan K.K.入社 平成15年7月 ビットレイティングス株式会社(現アクセルマーク株式会社)代表取締役
平成20年8月 同社代表取締役社長 平成22年9月 同社代表取締役会長 平成22年10月 株式会社モブキャスト入社 モバイルサービス部長
平成22年11月 同社取締役(現任) 平成23年6月 同社ポータルプラットフォーム部長 平成24年10月 同社プラットフォーム事業本部長(現任)
平成25年1月 同社CSO(最高戦略責任者)(現任)
平成25年2月 株式会社モブキャストイーシー代表取締役社長(現任)

A06 16:40-17:25
大予想!2013年 モバイルゲーム業界はこうなる!
國光宏尚氏

株式会社gumi
代表取締役社長 國光 宏尚 氏

<概要>モバイルゲームプロバイダとして、グローバルNo.1の座を狙うgumi。2013年、ついに世界に打って出るgumiのモバイルゲーム業界大予想。

<プロフィール>1974年 兵庫県生まれ
私立岡山高校を卒業後、中国、チベットなどのアジア諸国、北米、中南米など約30カ国を放浪。2000年 米国 Santa Monica College 2004年 株式会社アットムービーに入社。同年に取締役に就任。映画・テレビドラマのプロデュース及び新規事業の立ち上げを担当。
2007年 株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任。

A07 17:35-18:20
ソーシャルゲームにおけるキャラクター展開
~アイログ、99人の個性派アイドルが誕生するまで~
タイトー アイログチーム

株式会社タイトー ON!AIR事業本部
プロデューサー 吉原 敏直氏
エンジニア 川田 正樹氏
ディレクター 森田 彩加氏

<概要>2011年8月サービス開始から1年半、東京ゲームショウの出展や昨年のアワード受賞など、発展を続けるドラマティックアイドルプロデュースゲーム「アイログ」。
登場するアイドルはなんと99人!100人目の新アイドルを誕生目前にし、アイドルの制作秘話を大公開!
「単なるカード」ではなく、「キャラクター」としての個性を活かす手法とは?

<プロフィール>吉原敏直(よしはら としなお)プロデューサー
川田正樹(かわた まさき)エンジニア
森田彩加(もりた さいか)ディレクター
「アイログ」を開発運用するタイトーON!AIR事業本部は、ケータイコンテンツの創成期より市場に参入して以来、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲームなど新たに立ち上がるマーケットにも積極的にサービスを展開しております。

 このページのTOPへ会場A(定員:250名)
B01 11:10-11:55
Amazon アプリストアのサービスとプラットフォームについて
根本啓氏

アマゾン ジャパン株式会社
根本 啓氏

<概要>Kindle Fireシリーズの投入と同じくして開始されたAmazon Androidアプリストアのサービス及びプラットフォームについてお話いただきます。

<プロフィール>1989年、ソニー株式会社に入社し、アメリカ、ドイツへの駐在を含め、商品戦略、事業企画、マーケティングに従事。2005年9月にアマゾン ジャパン株式会社に入社。ディレクター兼事業部長として、エレクトロニクス商品部門を統括後、2010年11月よりビデオゲーム、PCソフトウェア、おもちゃ&ホビー商品部門を加えたハードライン事業部門を管掌。2012年より新規事業部門アプリストア立ち上げを統括し、現在に至る。

 STS12:00-12:30
<ショートトークセッション>昼だけ生クラウド
~大人気ソーシャルゲームを支える各社の秘訣~
nophoto

スピーカー:(50音順)
gloops CTO 池田 秀行氏
gumi システムオペレーションエンジニア 本間 知教氏
KLab CTO 安井 真伸氏
モデレーター:
アマゾンデータサービスジャパン ソリューションアーキテクト 安川健太氏

<概要>誰もが知るあの企業の躍進の裏には、実はスーパーエンジニア達の、クラウドを使った隠れた活躍があった?!ソーシャルゲーム業界を代表するスーパーエンジニア3人が、ここでしか話せない話を話します!

B02 13:00-13:45
ゲーム専門ハッカソン"GameJam"から得られるもの
中林寿文氏

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本
副理事長 中林 寿文氏

<概要>ソフトウェア開発として注目を集めて来ているハッカソンの中でも、ゲームに特化したイベントである、Game Jamについて、全世界的なイベントである「Global Game Jam」や、プロジェクトリーダーとして携わっている「福島GameJam」を題材に、その内容や効果についてお話します。

<プロフィール>1974年生。1999年サイバーズ株式会社を創業し代表取締役就任(現任)。コミュニティサービスの運営の他、オンラインゲーム/ソーシャルゲームの開発支援も手がける。また、本業の傍ら大学院に通い修士(工学)を修了。2012年12月にIGDA日本のNPO法人化に伴い副理事長就任。

B03 13:55-14:40
LINEゲームプラットフォームについて
鎌田誠氏

NHN Japan株式会社
スマートフォン事業部 事業部長 
鎌田 誠氏

<概要>1憶ユーザー突破 さらに成長を続けるLINEゲームプラットフォームについてお話いただきます。

<プロフィール>1974年生。1997年に大阪大学文学部卒業、1999年に大阪大学大学院文学研究科修了後、株式会社コーエー(現株式会社コーエーテクモゲームス)に入社。その後株式会社カプコンを経て、2004年にNHN Japan株式会社に入社。PCオンラインゲーム事業の事業部長を務める。2009年に退社後、2012年9月に再入社し、スマートフォン事業部事業部長としてLINE GAME 事業を担当。

B04 14:50-15:35
コミュニケーションアプリ「カカオトーク」について
朴且鎮氏

株式会社カカオジャパン
代表取締役社長 朴 且鎮氏

<概要>年間100タイトルを目標に新たなゲームプラットフォームとしても注目を集める「カカオトーク」についてお話いただきます。

<プロフィール>1969年、韓国生まれ。成均館大学を卒業後、東京大学大学院で研究生として環境経済を学ぶ。在学中にSAMSUNGグループのインターネット関連新規事業の立ち上げに携わり、ネットベンチャーを設立。オンラインゲーム会社の経営を経て、CJインターネットジャパン代表に就任。2011年7月に株式会社カカオジャパンを設立し、代表取締役社長に就任。

B05 15:45-16:30
セキュリティスペシャリストが語る、
ソーシャルゲームの脆弱性ケーススタディ
~ソーシャルゲームに内包されるセキュリティ脆弱性の事例と対処方法を一挙紹介~
藤田稔氏山谷晶英氏

株式会社リンクトブレイン
代表取締役CEO 藤田 稔氏
三井物産セキュアディレクション株式会社 エンタープライス事業部 先端技術セキュリティセンター診断グループ
セキュリティエンジニア 山谷 晶英氏

<概要>ソーシャルゲーム業界におけるセキュリティの動向と課題、ケーススタディーをお話いただきます。
・ソーシャルゲーム業界におけるセキュリティ動向
・WEBサービスとゲームの融合がもたらした新しいリスク
・ソーシャルゲーム特有の脆弱性事例紹介と原因分析
・セキュリティ診断の流れ

<プロフィール>藤田稔氏:2001年1月 株式会社ISAOに入社。ゲームマスターの人材サービスを日本で初めて事業化。エンターテインメントコンテンツの運営ソリューション事業部門事業部長。2012年1月 株式会社リンクトブレインを設立。代表取締役CEO。ゲーム業界のCo-Work Graphを形成し人材の発掘とプロジェクトの結成をソリューション化した「エンクリマッチ」サービスを開始。ソーシャルゲーム開発・運営受託や人材のマッチングを新しい手法で実現している。

山谷晶英氏:学生時代にバイトで始めたゲーム開発の縁でそのままゲーム開発会社に就職。7年間主に家庭用ゲームの開発に従事する。その後ソフトハウスにてWebアプリケーションやセキュリティアプリの開発を経て2004年にMBSD入社。Webアプリケーション脆弱性診断に従事。2011年よりソーシャルゲーム診断に従事。2年間で数十タイトルのソーシャルゲーム診断経験を有す。

B06 16:40-17:25
BBA会員による次世代ゲームテクノロジーセッション
-クラウドゲーミングとゲームインターフェイスの展望-
nophoto

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
プラットフォーム事業部 プラットフォーム営業統括
Supermicro営業部 市川 隆義氏

<概要>次世代のゲーミングマシンに最適なサーバーはこれだ!
NVIDIA Gforce GRID搭載サーバーによるクラウドゲーミングの世界とサーバー集約ラック搭載効率、GPU集約の条件を満たすサーバー構成についてのテクノロジー解説。

================================================

非ベース型錯触力覚インタフェース ~見る3Dから触る3Dへ~

独立行政法人 産業技術総合研究所
ヒューマンライフテクノロジー研究部門
ユビキタスインタラクショングループ 中村 則雄氏

<概要> 3D映像をはじめとしたバーチャルリアリティの技術が、スマートフォンやゲームなどの製品に積極的に使われ始めており、飛び出した3D映像に触れることも可能となってきています。本発表では、産総研が開発した「触れる立体テレビシステム」および錯触力覚技術を解説するとともに、本技術によって創出される市場および製品についてお話をさせて頂きます。

================================================

タブレット端末の新触感インターフェイス ‐HDハプティクス TM‐

日本電気株式会社 パーソナルソリューション事業開発本部
イノベーションセンター 北川 丈晴氏

<概要> NECタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」に搭載されたハプティクステクノロジー。ゲームアプリでの次世代の振動表現について。

B07 17:35-18:20
パネルディスカッション
コンテンツ、アプリの産官学連携事例
パネルディスカッション

武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 准教授 木暮 祐一氏/飯塚市 経済部 産学連携室室長 春口 浩子氏/NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 副理事長 中林 寿文氏/株式会社リンクトブレイン 代表取締役CEO 藤田 稔氏/BBAコンテンツ&アプリWG リーダー 清水 弘一

<概要>2012年、BBAの通信プラットフォームWG、コンテンツ&アプリケーションWGが取り組んできた産官学連携のほか、事例紹介と今後の課題を議論します。

 このページのTOPへ
HOME 基調講演 開催概要 プログラム タイムテーブル 事前登録 会場アクセス  

Copyright © 一般社団法人ブロードバンド推進協議会

BBA