オンラインゲーム専門部会 第11回研究会開催報告

2007年5月29日 Posted in オンラインゲーム専門部会

オンラインゲーム専門部会第11回研究会の様子

オンラインゲーム専門部会 第11回研究会「オンラインゲーム運営が抱える課題」~企業の枠を越えて対応すべき、問題の検討と解決に向けて~が、5月25日東京・LMJ東京研修センターにて開催されました。

 

070525shin.jpg

BBAオンラインゲーム専門部会部会長/IGDA日本代表 新清士氏

会の冒頭、新清士部会長より、今回の趣旨と事業者間の情報交換の必要性について説明。

 

070525kurihara.jpg

■講演「ゲーム内での犯罪・自傷行為等の予告への対応について」

イレブンアップ株式会社 取締役 栗原 哲 氏

オンラインゲームをプレイ中のユーザーが、仮に犯罪や自傷行為、自殺の報告・予告をした場合の対策について、イレブンアップ(株)の取り組みを交えて講演。

講演資料(PDF形式:1.11MB)

 

070525hagiwara.jpg

■講演「不正行為対策の業界連携について」

株式会社ゲームオン システム管理本部 執行役員 本部長 / CISO 萩原 和之 氏

(株)ゲームオンにおけるユーザー利便性の向上と安全確保、それに伴う不正行為防止への取り組みと、業界連携の必要性など、詳細に渡り講演。

>講演資料(PDF形式:341KB)

 

070525ogsig2.jpg

■パネルディスカッション

(写真向かって左から)モデレーター:BBAオンラインゲーム専門部会 部会長/IGDA日本 代表 新清士氏、パネリスト:萩原和之氏、栗原哲氏、エヌ・シー・ジャパン(株) アドミニストレーションチーム GAパート/パートリーダー 天野浩明氏

事業者の抱える課題と併せて、現状可能なこと、必要なことについて参加者からも活発な意見が取り交わされました。

 

メディアより当日のレポート記事が掲載されています。あわせてご参照ください。

ゲーム情報サイト eg
オンラインゲーム運営が抱える課題解決のために運営側は協力した取り組みを ――オンラインゲーム専門部会研究会

GAME Watch
BBA、オンラインゲーム専門部会第11回研究会を開催 事業者のみで対応が難しい問題を提起。今後も検討を継続

Slash Games
現実世界のユーザの問題にサービス提供側はどう立ち向かうか―オンラインゲーム専門部会第11回研究会