シンポジウム『仮想世界におけるコミュニティサービスの現在』開催報告

2007年11月23日 Posted in オンラインゲーム専門部会

シンポジウムの様子シンポジウム『仮想世界におけるコミュニティサービスの現在』を11月22日(木)、TKP田町ビジネスセンターにて開催いたしました。多数のご来場、まことにありがとうございました。


新清士氏冒頭で3Dワールドのインタフェイス、ゲームの視点から仮想世界を論じた、BBAオンラインゲーム専門部会の新清士氏。当日は司会進行も務め、スピーカーそれぞれの視点で論じられるコミュニティサービスを本質的な部分で取りまとめていただきました。

オジー井上氏世界最大の会員登録者数を誇るSNS、myspaceのオジー井上氏。音楽活動など、表現活動の情報発信でユーザー同士の交流をはかり、また成功するアーティストが日本でも生まれて来ている点について、サービスの構造と併せてご紹介いただきました。

梶塚千春氏ユーザーが自由にwebサーバ上に「セカイ」が作れるスプリュームについて、(株)スプリューム 代表取締役社長の梶塚千春氏にご登壇いただきました。それぞれのユーザーが作ったセカイを、スプリュームでは「空間リンク」でシームレスにつなぎ、つながった空間として機能させています。誰でも楽しめるサービスとして、ハードウェアの動作環境が低めに設定されていることなど、メタバースとしては独創的なアプローチが多数なされています。

濱野智史氏仮想コミュニティを空間ではなく、時間で論じることで新しい視点を生み出した、(株)日本技芸 リサーチャーの濱野智史氏。今年話題になった「Twitter」「セカンドライフ」「ニコニコ動画」をもとに、独自の視点でコミュニティのあり方を検証していただきました。

掲載記事一覧】※掲載日時順 2007.11.26現在

CNET Japan
Second Lifeが閑散としてニコニコ動画が人気なワケ
--カギはユーザー間の同期性
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20361654,00.htm

INTERNET Watch
Second Lifeとニコニコ動画の同期性、"後の祭り"と"いつでも祭り"
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2007/11/22/17620.html

ITmedia
なぜ「ニコ動」は盛り上がり、「Second Life」は過疎化するのか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/23/news005.html

iNSIDE Games
仮想コミュニケーションビジネスの勝因を探る--
シンポジウム「仮想世界におけるコミュニティサービスの現在」
http://www.inside-games.jp/news/252/25282.html