オンラインゲーム事業者向け特別講座「ネットワーク管理と運営におけるセキュリティマネジメント」開催報告

2007年12月26日 Posted in オンラインゲーム専門部会

会場の様子BBAは、2007年12月18日(火)、港区の東京汐留ビルディングで、オンラインゲーム事業者向け特別講座「ネットワーク管理と運営におけるセキュリティマネジメント」を開催しました。

この日は講師に株式会社ラック 研究開発本部 丸山 司郎 氏、トラスト・アイ株式会社 取締役 天野 浩明 氏を招きました。受講者はオンラインゲームパブリッシャーに加え、ディベロッパー、ポータル運営事業者、ネットカフェ運営事業者、セキュリティ専門の学術研究者など、幅広くお集まりいただきました。受講者から自社でアタックされた際の組織的対応を明快にお話いただく場面もあり、充実した講座となりました。

今後もセキュリティ業界とオンラインゲーム業界、コンテンツ業界が連携する形で問題解決につながるよう、BBAではこうした機会を提供してまいります。

丸山司郎氏株式会社ラック 研究開発本部 丸山 司郎 氏
「緊急対応の現場から見たセキュリティ・マネジメント事例」
〜ネットワーク管理と運営におけるセキュリティマネジメント〜

システムセキュリティの専門家である丸山氏からは、障害管理とセキュリティ対策(障害とセキュリティ事故(インシデント)の違い)や、交通事故や救急救命活動をたとえに、起きてしまった事故や障害にどう対応するか、また過去に対応した救急対応の要因や、事故障害時の対応シミュレーションを時系列で説明いただくなど、多くの事例を紹介いただきました。


天野浩明氏トラスト・アイ株式会社 取締役 天野 浩明 氏
「オンラインゲーム運営の視点からみたセキュリティマネジメント」

オンラインゲーム運営の現場をよく知る天野氏からは、運営において起こりうる事故原因と、防止策、社員教育によるモラル、コンプライアンス向上の必要性についてお話いただきました。