OGCシンポジウム開催報告

2008年7月28日 Posted in ゲーム&コミュニティWG

BBAは7月22日(火)、東京大学にてOGCシンポジウム「CGM新潮流。オンラインコミュニティの未来像」-ユーザーの生産活動がもたらす新しいビジネスモデル確立の可能性と課題-を開催しました。

 080722_overview.jpg今回は札幌からクリプトン・フューチャー・メディア(株) 初音ミク制作担当の佐々木渉氏をお招きし、「形態変化しつづけるキャラクター。初音ミク達の記号とCGM」と題して講演いただきました。

また前出の佐々木氏、(株)フジテレビジョン プロデューサーの福原伸治氏、ブログ「小鳥ピヨピヨ」管理人/シックス・アパート(株)のいちる氏、eスポーツ/ゲームプロデューサーの犬飼博士氏をパネリストとしてお招きし、BBA新世代BB研究会ゲーム&コミュニティWGリーダー/ゲームジャーナリストの新清士氏のモデレートでパネルディスカッションを行いました。

■講演■

080722_sasaki.jpg「形態変化しつづけるキャラクター。
 初音ミク達の記号とCGM」

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 
メディアファージ事業部 初音ミク制作担当 
佐々木 渉 氏

初音ミクがユーザーに受け入れられるまでに至る経緯と、現在の展開。VOCALOIDの展開にとって重要な要素について。

 

■パネルディスカッション■

080722_panel.jpg「CGMの新潮流。ユーザーの生産活動がもたらす新しいビジネスモデル確立の可能性と課題」

 

 

 

 



・パネリスト: ※五十音順

080722_ichiru.jpg「小鳥ピヨピヨ」管理人/ギズモード・ジャパン
 ゲスト編集長/シックス・アパート株式会社
 メディア事業担当ディレクター
 いちる氏

パネルディスカッションに先立ち、自己紹介を兼ねて、オンラインにおけるコミュニケーションの変遷についてお話いただきました。




      
080722_inukai.jpg ■eスポーツ/ゲームプロデューサー
  犬飼博士氏

オンラインでも独特なeスポーツコミュニティの文化と、プロクリエイターの立場からのコンテンツ制作についてお話いただきました。






080722_sasaki.jpg■クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
 メディアファージ事業部 初音ミク制作担当
 佐々木渉氏









080722_fukuhara.jpg株式会社フジテレビジョン
 情報制作局情報制作センター
 情報企画部 企画担当部長
 福原伸治氏

マスメディアの立場から、「少年タケシ*」にて一般とプロに向けて募集した「Perfume」のMV制作事例をもとに、コンテンツを利用するために必要なオフィシャリティなどについてお話いただきました。

*少年タケシ:フジテレビ公式サイト内コンテンツ。福原氏は編集長を務める。

080722_shin.jpgモデレーター:
 ゲームジャーナリスト/BBA新世代BB研究会
 ゲーム&コミュニティWG リーダー
 新清士氏 

 






<<メディア掲載記事>> ※順不同

INTERNET Watch
「初音ミク」生みの親らが語る、CGMのビジネス化や権利の問題
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2008/07/23/20343.html

4Gamer.net
「初音ミク」や「Perfume」はなぜブレイクしたのか。UCCやCGMについて語られた「OGCシンポジウム」
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20080723050/

ITmedia News
Perfumeはニコニコを知らなかった "嫌儲"や著作権、ユーザー創造物の課題
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/24/news040.html

THE SECOND TIMES
初音ミクで音楽の聴き方が変わる。CGMの新潮流を探るシンポジウム開催
http://www.secondtimes.net/news/japan/20080725_ogc.html