第2回OGCシンポジウム「CGMは新たな収益モデルを生み出すか?」開催報告

2008年10月29日 Posted in ゲーム&コミュニティWG
im_20081024.jpg

新世代BB研究会ゲーム&コミュニティWGによる、第2回OGCシンポジウム「CGMは新たな収益モデルを生み出すか?」を、10月24日、TKP東京八重洲ビジネスセンターにて開催いたしました。
CGMの収益モデルとして徐々に広がりを見せる仮想通貨に焦点を当て、コミュニティサービスがコンテンツ流通プラットフォームとして新たな収益モデルを確立できるか、その可能性と事例について講演を行いました。

nojima_20081024.jpg
成蹊大学経済学部 野島美保准教授
「CGMビジネス成立の条件を考える:自由度・居場所・報酬」
オンラインゲームのアバターや仮想通貨の事例をもとに、コンテンツの価値分析、収益モデルの条件、そして「人はなぜ形のないものにお金を払うか」について、細やかな調査と分析を解説いただきました。





katayama_2081024.jpg
ビットキャッシュ株式会社 メディア事業部 部長 片山昌憲氏
「CGMでのポイントと仮想通貨について」
他サービスとの比較からCGMのおかれた現状を客観的に捉え、CGMにおいて正しいと思われる課金方法、そしてポイントと仮想通貨について、様々な角度からお話いただきました。






hata_20081024.jpg
株式会社ダレット 総合戦略局 局長 波多弘幸氏
CGMとゲームの接点、その可能性について」
昨今のユーザーのライフスタイルから、オンラインコミュニティ「ダレットワールド」におけるユーザーの行動形態、蓄積したマイルをコインに変換してアイテムなどと交換できる仮想通貨のシステムなど、様々な特徴をお話いただきました。






shin_20081024.jpg
司会・進行:IGDA日本代表/ゲームジャーナリスト
BBA新世代BB研究会 ゲーム&コミュニティWGリーダー 新清士氏