第二回新世代BB研究会「オープンアプリケーションプラットフォームによるコンテンツビジネスの可能性」開催報告

2008年10月23日 Posted in 通信プラットフォームWG

IMG_0681_edited-1.jpg

第二回新世代ブロードバンド研究会「オープンアプリケーションプラットフォームによるコンテンツビジネスの可能性」10月17日東京・サンケイプラザにて開催されました。本年7月にiPhone 3Gが発売されると同時に、米Appleは「App Store」というiPhone上で利用可能な世界的コンテンツ流通プラットフォームをスタートさせました。一方、米Googleは、オープンソースのプラットフォーム「Android(アンドロイド)」を、端末メーカーに無償で提供する構想を打ち出しています。今回は、オープンなアプリケーションプラットフォームの普及に焦点を当て、ブロードバンドとモバイルの融合コンテンツや、キャリアを超えたコンテンツビジネスの可能性について研究会を開催いたしました。

IMG_0691_edited-1.jpg

講演「iPhoneのエコシステムと、その進展」

通信・ITSジャーナリスト 神尾 寿氏

iPhone3Gとはなにか?デザイン、ブランド、UIの優位性とその魅力と訴求層から、今後のユーザーの伸びを分析する。ソフト・サービスと一体になったエコシステムが今後の携帯電話のプラットフォームモデルを変革させる可能性について。

IMG_0709_edited-1.jpg

講演「Androidの技術とコンテンツの可能性」
MCPC モバイルシステム技術検定プロジェクト
テキストSWG副主査 嶋 是一氏

実機がいよいよ発売され注目を集めるアンドロイドについて、日本でも数少ないアンドロイド研究者にによる技術的解説。オープンプラットフォームが生み出す新たなコンテンツ流通の可能性について。

IMG_0721_edited-1.jpg

講演「jigブラウザのオープンアプリケーションプラットフォームの可能性」
株式会社jig.jp 代表取締役社長CEO 福野 泰介氏

3キャリア共通のフルブラウザーjigブラウザーを展開。jigretプラットフォームがキャリア非依存のプラットフォームとして、プラットフォーム乱立時代の対処策の可能性に言及する。


IMG_0730.jpg

jigretによるモバイル心電図モニターをデモする新世代ブロードバンド研究会 WGリーダー/武蔵野学院大学 客員教授 木暮 祐一 氏

開催概要講演資料