「政府のICTビジョンと中国のモバイル・ブロードバンドビジネス最新事情」開催報告

2009年7月16日 Posted in 通信プラットフォームWG
IMG_1197.JPG7月6日東京・総評会館にて、BBA新世代ブロードバンド研究会プラットフォームWG第五回研究会「政府のICTビジョンと中国のモバイル・ブロードバンドビジネス最新事情」が開催されました。
IMG_1202.JPG第一部、野村総合研究所 上級コンサルタントの北俊一様からは、「第三世代携帯電話が本格スタートした中国のモバイルビジネス最新事情」と題して、中国政府のキャリア再編成の意図、TD-SCDMAを国策として推進すると同時に、非対称規制により競争原理を導入する中国政府のキャリア再編成の狙い、中国全土での携帯電話普及、3G網投資、端末の状況について分析。3Gやコンテンツサービスで先行する日本のキャリア、メーカーとの今後の関係性などを明らかにしました。キャリアのみならず端末メーカーやコンテンツプロバイダー、販売代理店など、日本の事業者に対して中国市場への展開の可能性に言及しました。

IMG_1207.JPG第二部は、総務省情報通信国際戦略局情報通信政策課長 谷脇康彦様からは、「スマート・ユビキタスネット社会実現戦略」と題して、不況下におけるICTの経済効果、各国のICT競争力の比較、総務省「ICTビジョン懇談会」レポートから、霞が関クラウド、ユビキタスタウンクラウドコンピューティング、ブロードバンドゼロ地域の解消、携帯電話不感地域の解消、離島への通信インフラ整備などの施策。ICT分野の国際連携強化として中国との協力強化など、本年度の補正予算を中心とした施策について解説いただきました。

開催概要講演資料